硬組織の造成

ベニアグラフト

インプラントが埋入される部位の顎の骨の骨幅が不足している場合には他の場所から骨をブロックで採取し、移植する手術をおこないます。薄い骨の側面に貼り付けるようにする骨の移植手術となりますので「ベニアグラフト」と呼びます。

CTスキャンで撮像 ノーベルクリニシャンを用いた補綴 3.仮歯を取りつける 3.仮歯を取りつける
  • 骨幅がなく、インプラントが埋入できません。
  • 下顎の奥の骨をブロック状に骨切りし 採取します。
  • 採取したブロック骨
  • インプラントを埋入後、採取したブロック骨をチタン製のネジで止め、不足分の骨を造成します。

トップページへ

ページの上部に戻る

お問合わせ 相談は無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でご相談 月~金曜日 9:30~13:00 14:30~17:00 052-238-3377 メールでご相談 24時間受付・無料メール相談窓口 WEB相談はこちら 対面でご相談 お気軽にお立ち寄りください。アクセスマップはこちら