硬組織の造成

オンレーグラフト

顎の骨の骨高が不足している場合、インプラントを埋め込む部分にブロックの骨をその上にのせる形でおこなう骨の移植法を「オンレーグラフト」と呼びます。

当院での症例写真

ブロックの骨を歯槽骨の上に置き、ねじでしっかり止めます。 半年後の口腔内写真です。移植した骨が母骨と一体化しています。 骨幅も骨高も十分に造成され、インプラントが良好に埋入されました。 最終補綴物が入った口腔内写真です。インプラントと他の歯が自然な感じで馴染んでいます。
  • ブロックの骨を歯槽骨の上に置き、チタン製のネジでしっかり止めます。
  • 半年後の口腔内写真です。移植した骨が母骨と一体化しています。
  • 骨幅も骨高も十分に造成され、インプラントが良好に埋入されました。
  • 最終補綴物が入った口腔内写真です。インプラントと他の歯が自然な感じで馴染んでいます。

トップページへ

ページの上部に戻る

お問合わせ 相談は無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でご相談 月~金曜日 9:30~13:00 14:30~17:00 052-238-3377 メールでご相談 24時間受付・無料メール相談窓口 WEB相談はこちら 対面でご相談 お気軽にお立ち寄りください。アクセスマップはこちら