即時負荷インプラント治療

埋入即時負荷その日に噛めるインプラント

「即時負荷インプラント」は、待時型と違い、一定の治癒期間を置かずにインプラントを埋めたその日のうちに(正確には48時間以内であれば即時の分類に入れる)暫定的な被せ物をセットする方法です。そして、1~3カ月後に最終的な被せ物をセットします。

従来のインプラント治療では、インプラントを埋め込んだあと、インプラントと骨との結合が強固になるまで一定期間(3~6カ月)は、治癒期間として、力をいれて噛ませないことにしていました。従って、この間は、流動食中心の食生活で待たなければなりませんでした。 しかし、インプラント表面性状や形態が向上し、また歯科用CTやシミュレーションソフトを用いてより正確な診断が可能となり、一定の条件を満たしていれば、手術をしたその日のうちに暫定的な被せ物をセットし、それほど堅くない物であれば手術当日に噛んで食べることができる画期的な治療法が可能となりました。 それが「即時負荷インプラント」です。
即時負荷インプラントの症例はこちら

即入即時負荷その日に噛めるインプラント

トップページへ

即時負荷インプラントの特徴

  • 手術をしたその日のうちに暫定的な被せ物をセットすることができる。
  • 他のインプラント治療と比べて通院回数が少ない。
  • お口や全身の状態によっては適さない場合がある。

即時負荷インプラントの一定条件

  • インプラントを埋め込む際に強固な初期固定ができるだけの骨の量や硬さがある方。
  • 最低限の口腔内清掃ができる方。
  • 定期的なメンテナンスができる方。
  • 極端な歯ぎしりなどインプラントに過大な負荷がかかる癖のない方。
  • 喫煙者、コントロール不良の糖尿病、BP服用者、過度の貧血など骨への血液阻害を認めない方。
  • 最初は硬いものを噛まない、などの約束事をきちんと聞き入れていただける方。

トップページへ

即時負荷インプラントの種類

使用するインプラントには、2ピース型・1ピース型の2種類があります。1ピース型は治療行程が単純であるため、2ピース型よりも費用が安いこともありますが、事故などで大きな力が加わった際には、2ピース型のほうがインプラントが抜け落ちるなどのダメージを回避できる可能性があります。

2ピース型インプラント

2ピース型インプラント

インプラントとアバットメントをネジで連結するタイプのもので、装着する部品が2つあります。
1回法・2回法のどちらでも対応することが出来ます。

1ピース型インプラント

1ピース型インプラント

インプラントとアバットメントが一体化したタイプのものです。
1回法に用いられます。
2回法と比べて、アバットメントを連結させるために歯肉を 切開する手術の必要はなくなります。

トップページへ

ページの上部に戻る

お問合わせ 相談は無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でご相談 月~金曜日 9:30~13:00 14:30~17:00 052-238-3377 メールでご相談 24時間受付・無料メール相談窓口 WEB相談はこちら 対面でご相談 お気軽にお立ち寄りください。アクセスマップはこちら