即時負荷インプラント治療

All on 4~8

治癒期間が無く、歯肉の状態も美しいまま行える

All on 4は、歯が全く無い無歯顎の方や歯があっても保存が難しい方に適した治療です。歯が1本もない状態のあごでも、条件がよければ4本のフィックスチャーをバランスよく埋め入れることで、即日仮歯が入り、1~3カ月後には最終補綴物として10~12本の固定式の人工歯を支えることができます。しかし、この方法は本来、長頭で顎の骨がしっかりした白人用に開発された治療法で、短頭で平板な顎骨の日本人には下顎では5本以上、上顎では8本以上フィックスチャーを埋入しないと長期に機能しません。確かに従来の方法と比較して、埋入本数が少ない分、身体への負担が軽減されるだけでなく、費用面の負担も軽くなりますが、だからといって安易に4本に固執すべきではありません。日本オーラルクリニックでは症例に応じて埋入本数を決定しています。いわば、All on 4~8です。

トップページへ

All on 4~8の特徴

  • 埋入本数が少ないので費用が抑えられる。
  • 手術時間が短縮され、侵襲も少ないので身体への負担が少ない。(痛みや腫れなどが軽度で済む)
  • 下顎の場合、犬歯~犬歯の間の位置にインプラントを埋める術式なので、骨を増やす治療を行うことなく治療できる可能性が高い。しかし、上顎の場合は、下顎骨より軟らかいため適応症例は少ない。
  • 埋入直後に仮歯が入るので、食事や会話に支障が出にくい。
  • 残存歯が1本もない無歯顎が条件なので、保存できる歯も抜歯しないと施術できない。

All on 4~8の特徴

トップページへ

All on 4~8の治療の流れ

1.インプラントの埋入手術 2.インプラントを埋め入れる 3.仮歯を取りつける 4.結合期間(1~6カ月)
  • 1.インプラントの埋入手術
    フラップ法(歯肉をメスで切開する方法):歯肉に切開を加えて剥離し骨面を露出させ、あごの骨に適切な位置にドリリングして埋入窩(埋め込むインプラントと同じ長さ・太さの4つの穴)を形成します。4本のうち後方の2本は傾斜した埋入窩とします。

    フラップレス法(パンチで歯肉に穴を空ける方法):歯肉の上から小さなドリルで穴を空け、パンチングして歯肉を切り取り、その歯肉の穴からドリリングして骨に穿孔して埋入窩を形成します。
  • 2.インプラントを埋め入れる
    4~8本のインプラントをそれぞれの埋入窩に埋め込み、アバットメントを装着します。歯肉をメスで切開した場合は、糸で歯肉を縫い合わせます。アバットメント上部が歯肉の上に出た状態で、外科処置は終了です。
  • 3.仮歯を取りつける
    外科手術後は、アバットメント上部にヒーリングキャップを装着し出血が落ち着くまで60分間ほど休憩してもらいます。その後仮の人工歯(10本の歯が並んだ人工歯)を取りつけて噛み合わせをチェックし、帰宅してもらいます。
  • 4.結合期間(1~6カ月)
    手術後、埋め込んだインプラントが骨と結合するまで安静期間を置きます。骨や身体の状態によって異なりますが、1~6カ月ほど待ちます。その後、型を採って最終補綴物(口の中で使い続ける人工歯)を製作します。
  • 5.最終的な人工歯の取りつけ
    仮歯から最終補綴物に替え、十分噛み合わせのチェックを行い、補綴物の適合が得られ安定したら、メンテナンスへ移行します。

トップページへ

All on 4の問題点

  • 本質的に長頭で顎骨が頑丈な白人向けの治療法で、顎の骨が薄く平板な日本人の顎骨形態には不向きなケースもある。
  • 4本のみで全体を支えようとする術式のため、噛み合わせの力の負担を抑える都合上、第二大臼歯を並べることができず、人工歯の数が少なくなってしまう。
  • 骨量の制約を受ける場合がある。
  • 最小本数の4本なので1本でも脱落すると破綻してしまう。

トップページへ

ページの上部に戻る

お問合わせ 相談は無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でご相談 月~金曜日 9:30~13:00 14:30~17:00 052-238-3377 メールでご相談 24時間受付・無料メール相談窓口 WEB相談はこちら 対面でご相談 お気軽にお立ち寄りください。アクセスマップはこちら