即時負荷インプラント治療

ガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリー(Guided Surgery)とは、優れた補綴主導型の治療を行なうため、CTで得られた情報をもとにインプラント埋入プランニングソフトウェア(当院ではノーベルクリニシャン採用)でより正確なシミュレーションを行い、フラップレス術式、すなわち歯肉に切開を加えず、埋入部位の歯肉のみにパンチングして埋入する痛みや腫れを少なく抑える低侵襲の手術方法で、更なる安全性の向上を可能にしています。 通常では大きな切開をせざるを得なかった困難なケースにおいてもフラップレス術式を行うことが可能になり、骨の条件や噛み合わせの状態が余程劣悪でない限り即時負荷インプラントが可能となりました。

トップページへ

当院でのガイデッドサージェリーの流れ

CTスキャンで撮像 ノーベルクリニシャンを用いた補綴 3.仮歯を取りつける
  • 1.当院の歯科専用CTスキャンで撮像し、得られたデータをシミュレーションソフトウェア=ノーベルクリニシャンを用いて骨性状を見ながら埋入部位を入念にシミュレーションします。
  • 2.このノーベルクリニシャンを用いた補綴主導型の治療計画を、インターネット上でスウェーデンのノーベルバイオケア社に送ると個別に製作された手術用のテンプレートが送られてきます。
  • 3.届いたテンプレートで、手術前に仮歯を製作しておきます。手術時にそのテンプレートをアンカーピンにて患者さんの顎の骨にしっかり固定し手術を行いますので、正確にしかも短時間でインプラントを埋入できるようになりました。基準の強さで、フィックスチャーが骨に固定できれば、仮歯を装着しその日に軟らかい物であれば普通に食事を楽しむことが出来ます。

トップページへ

ガイデッドサージェリーの特徴

  • 確実な埋入計画が立案できる。
  • 患者さんに、本人のCT3D画像を見せながら説明できるのでインフォームドコンセントが得易い。
  • フラップレス術式が採用できるので、痛みや腫れを少なく抑える低侵襲の手術が可能である。
  • 埋入時間が短縮されるため、一度に沢山埋入できる。
  • フラップレスの場合、骨の造成などには対応しにくい。
  • 付着歯肉をパンチングして除去するため、付着歯肉がなくなり、インプラント周囲炎の原因になる場合がある。

トップページへ

ページの上部に戻る

お問合わせ 相談は無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でご相談 月~金曜日 9:30~13:00 14:30~17:00 052-238-3377 メールでご相談 24時間受付・無料メール相談窓口 WEB相談はこちら 対面でご相談 お気軽にお立ち寄りください。アクセスマップはこちら