日本オーラルクリニックインプラントセンターのホームページにようこそ。日本オーラルクリニックインプラントセンターは"患者様の心を豊かにし、QOL(生活の質)の向上"を究極の使命にしています。そのため、当センターは、インプラント治療がお口の中で他の治療と主張しあわず自然な状態で馴染むよう口腔機能をトータルに改善し、その機能がカラダ全体と美しいハーモニーを長期に保ち続けるよう、常に技術革新を通じて安全性と予知性の向上に努めています。他院で断られた難症例も多く手がけ、その結果として、笑顔を再び取り戻された多くの患者様こそが、当センターの誇るべき実績です。

国際レベルの最先端インプラント治療を実践
顎顔面インプラント治療のエキスパート

川合道夫センター長 michio kawai 藤田保健衛生大学医学部客員教授
名古屋大学医学部付属病院を経て国家公務員共済組合連合会名城病院に口腔外科を開設、初代口腔外科部長。約14年間の在職の後、名古屋栄にてプライベートオフィス・日本オーラルクリニックを開院。
  • 5つの安心 feel good
  • 5つの安全 safety
  • 5つの他院との違い Difference

川合センター長は、名古屋大学医学部附属病院を経て国家公務員共済組合連合会名城病院の口腔外科開設に関わり、顎変形症の垂直骨切りやブローネマルクシステムインプラントを導入し、全身麻酔下での智歯の一括抜歯、ユニバーサルプレコーション、スタンダードプレコーションなどの感染症対策を講じた歯科治療体系を地域に先駆けて構築するなど、口腔キュア・ケアのエキスパートとして第一線で活躍しました。その後、完成度の高いコンパクトな開業歯科口腔外科のモデルクリニックとして七大都市の都心で初めて歯科CTスキャンを導入したプライベートオフィスとして日本オーラルクリニックを開院しました。旧来のI.I(イメージングインテンシファイアー)方式の歯科CTスキャンから、より鮮明でインプラントナビゲーションソフトが使用可能なFD(フラットパネル)方式の2台目となる次世代型歯科CTスキャンに更新。歯科CTスキャンの有効利用により、今までの歯科治療のパラダイムの大転換をライフワークの1つとして口腔領域の最先端治療を展開しています。

詳しくみる

日本オーラルクリニックインプラントセンターは、日本口腔外科学会認定専門医・指導医、日本顎顔面インプラント学会認定指導医である川合センター長が診察・治療するプレミアムインプラントクリニック 日本顎顔面インプラント学会認定研修施設

日本顎顔面インプラント学会は、氾濫する粗悪なインプラント治療を駆逐し、本来のエビデンスに基づいた正しいインプラント治療を追及し、敷衍し、インプラント優良医を育てることを目的に、主に口腔外科医が中心となって作られた学会です。学会認定の研修施設は、インプラント優良医を育て、それを学会が認定して専門医として輩出することを目的としています。したがって、指導医の技量、設備、治療システムが卓越していることや症例の多様性など多くの要件に対して厳しい診査を経なくてはなりません。日本オーラルクリニックは、大学病院も含めて全国で9番目の研修施設として認定されています。>>next

IMPLANT CENTER
セカンドオピニオン受付について
インプラント治療で心配事や不安などでセカンドオピニオンを希望される方を受け付けています。希望される方は、現在の主治医からの資料を含む情報提供書をお持ちください。これは、前医の治療を評価するものではなく、現時点での状態と症状改善のための治療法についてご相談させていただくものです。

IMPLANT CENTER
インプラントの再治療
経過不良のインプラントの除去並びにインプラントの再治療を行っています。インプラントの種類は問いません。
IMPLANT CENTER
インプラントメンテナンス
他院で、ノーベルバイオケア社製のインプラント治療を受けられた方で、ご都合により治療を受けられた医院でのメンテナンス治療が続けられない場合は、当センターのメンテナンスを受けていただくことができます。

IMPLANT CENTER only one quality

日本オーラルクリニックインプラントセンターは、その日のうちに噛める技術があります。その日のうちに仮歯が入ります。

即時負荷・抜歯即埋入インプラント

嘗てのインプラント治療の失敗を踏まえたブローネマルクシステムインプラントの治療では、待時法といって一定の期間噛ませないようにする免荷期間を数ヶ月~半年間設けています。しかし、このような状態を続けることは大変な苦痛を伴います。忙しいビジネスマンや遠方から治療を求めてみえる方は、十分な治療時間が割けず、時間的制約がインプラント治療を断念する主な理由となっていました。
そんな、患者様に朗報です。当インプラントセンターには、「その日のうちに仮歯が入り噛める。」技術があります。
即時負荷インプラントについての症例はこちら
抜歯即埋入インプラントについての症例はこちら

骨移植をしないで即時負荷(その日のうちに噛めるインプラント)が、実現します。

上下全ての歯を失ってしまった人のために。All-on-4~8 利用可能な骨を最大限に利用することで、骨移植をしないで即時負荷(その日のうちに噛めるインプラント)が、実現します。

利用可能な骨を最大限に利用することで、骨移植をしないで即時負荷(その日のうちに噛めるインプラント)が、実現します。当センターでは、本来、白人向けに開発された埋入フィックスチャー(人工歯根)4本のみの方法から、日本人の骨格と症例に合った確実な本数を算出しています。これも、当センターのイノベーションの一つです。 >>詳しくはこちら

IMPLANT CENTER only one quality
トップダウントリートメント 審美性・機能性・清掃性の改善を可能にするインプラント治療の究極的テクニック

当センターが地域に先駆けて行なっている治療法で、模型上で審美的、機能的で清掃性に最も適した理想的な最終補綴物の形態を患者様に示しながら決定すると、フィックスチャー(人工歯根)を埋入すべき位置が決まります。しかし、その位置に埋入可能な硬組織(顎の骨)や軟組織(歯肉)の量がない場合が多く、これらの組織の造成を行ないながら埋入するため高度な口腔外科テクニックが必要となります。

まずは希望の歯をシミュレーション コンピューターガイドシステムと連動 歯科CTを撮影後、コンピューターガイドシステムと連動させ、正確な治療計画を作ります。低侵襲で正確にインプラントを植え即日人工の歯を付けて帰宅することも可能に。断面図で唇側の骨が不足していることがよくわかる。 美しい歯並びと
強度を持った
噛み合わせの歯に

PremiumMedical Tourism ドクター監修の食事で治療中も安心 プレミアムメディカルツーリズム 名古屋東急ホテルと提携。県外や海外からのインプラント治療に最適!

当センターには、インプラント治療を受けながら、ホテルの食事を楽しんだり、観光が出来る人気のプランがあります。国の内外を問わず最先端インプラント治療を遍く提供いたします。 >>詳しくはこちら

WHAT'S NEW 新着情報
2018.11.01
先月後半は、小春日和でしたが、このところ急に冷え込んでまいりました。お変わりありませんか。
さて、日本歯科医師会は1993年(平成5年)より、11月8日を「い(1)い(1)歯(8)」の語呂合わせでPR重点日として設定し、この日に合わせて国民へのさまざまな歯科保健啓発活動を行っています。
当院では、毎月第1、第3水曜日の午前11時より12時まで当院セミナールームにおきまして「お口の悩み解消セミナー」を開催して皆さんのお口の悩みを相談させています。参加ご希望の方は事前登録が必要です。毎回8名様限定と数に限りがございますのでお早めにお申し込み下さい。ご予定の日が満席の場合は、予定を繰り下げてご出席いただければ幸甚です。
2018.10.01
当院のオーラルフレイルについての取り組み
一年前に、「フレイル」についてお話しました。これは、健康と要介護状態の中間的な位置づけで、可逆的で適切な介入を行うことで回復し得る状態を指しますが、残念ながら、まだまだ、この「フレイル」という言葉に馴染みがない方が多いように思います。
全身的な「フレイル」の前駆症状である「オーラルフレイル」は、年を重ね、歯周病による根面露出に引き続く根面カリエスなどで歯を失くして咀嚼障害が現れたり、唾液の減少や関連筋群の衰えによる嚥下障害や味覚の変化など、昔の様に美味しく食べることが難しくなったことを何となく感じる状態を指します。
しかし、「オーラルフレイル」は何となく徐々に進行するため、痛みや、歯の抜け落ち、補綴物の破損など問題が起きて初めて歯科を受診する方が多いのが現状です。そうなる前に可逆的で適切な介入を行うことが重要です。 当院では、治療終了者を対象に毎月メンテナンスで通院していただいております。そこで、「口の衰え」の適切な評価を通じて「オーラルフレイル」に気付いてもらい、治療を受けてもらって、痛みなくよく噛める状態に整えること、すなわち可逆的で適切な介入を行っております。
今後も、「口の虚弱=オーラルフレイル」が口だけの問題でなく、「全身の虚弱=フレイル」と大きく関わっている「プレフレイル=オーラルフレイル」という新しい概念を積極的に啓蒙して参ります。
2018.09.01

今日から9月、そして防災の日。由来は、1923年9月1日の関東大震災です。この地震はマグニチュード7.8、地震の震度は6で南関東を中心に死者行方不明者14万2807名と甚大な被害をもたらしました。つい最近では「平成30年7月豪雨」が記憶に新しいですが、侵水域はハザードマップと一致していたことから、油断大敵です。この機会に、まさかの時の備えをしっかり確認したいですね。
さて、9月は夏から秋への移ろいの季節です。北から南へ,山から里へと足早に秋がやってきます。イベントも目白押しです。敬老の日、秋分の日、秋のお彼岸、動物愛護週間(9月20日~26日)など。
そして、お月見、紅葉狩り、ハロウィンなど行楽の季節到来となります。ちなみに、9月16日は、日本一の芋煮会フェスティバルや目黒のさんま祭りなど秋の味覚が楽しめます、あれこれと、お出かけし、秋の味覚に舌鼓なんて、楽しみですね!!!
さて、食事中、食材の素晴らしい食感(しょっかん)に思わず感動し、料理の醍醐味を感じることがよくあります。これは、食物を飲食した際に感じる五感のうち、歯や舌を含む口腔内の皮膚感覚を指すもので、具体的には歯ごたえ、舌触り、喉ごしなどがこれにあたります。
ところが、歯や舌、口腔内の粘膜に異常があれば、折角の料理もその食感を十分に楽しむことができません。残念な思いをしないためにも、9月中にお口の健康を取り戻しておきましょう!!!

2018.08.01
梅雨明けしたと思ったら、40℃以上の気温が各地記録されています。この暑さで、暑さもいろいろな表現があることを知りましたが、暑さの表現で猛暑?炎暑?酷暑?はどこが違うのでしょうか?調べてみました。
猛暑は、蒸し暑さ想像させる都会の暑さ。
炎暑は、夏のカァ~とするような炎天下の暑さ。
酷暑は、わけのわからないムシャクチャな暑さ。
だそうです。
いずれにしても、熱中症や夏血栓の対策が喫緊の課題となっています。
さて、学生の皆さんは、2か月近い夏休みの最中と思います。皆さんは、いずれ社会人となり、自己実現と社会貢献に勤しむことになります。そのためには、体が資本!!!即ち健康が第一です。健康は、普段の努力で維持できる、いわば自分に対する最高のプレゼントです。ですから、日頃から健康管理に気を配りましょう。 若い人のお口の治療で、厄介なのは埋伏した親不知(智歯)の治療です。一般の歯医者さんでは、抜けない歯も多く、口腔外科を受診していただきます。放置すれば、歯列不正や智歯周囲炎、隣在歯の齲蝕、顎関節症、骨折などの原因となります。 ですから、骨が柔らかく回復力が高い若いうち抜歯されることをお勧めいたします。
当院では、毎週水曜日に親不知(智歯)抜歯外来を開設しております。将来に備えてこの休み中に親不知(智歯)抜歯を夏休みの計画の1つに加えられたらいかがでしょうか?
なお、今月の抜歯外来は、8月1日、8日、22日、29日の4日間です。また、当院では8月11日(土曜日)~8月19日(日曜日)まで夏季休暇をいただきます。よろしくお願いいたします。
皆さんも、熱中症、夏血栓、事故など注意されて楽しい夏休みをお過ごし下さい。
2018.07.01
今日、7月1日は当院の開院記念日です。早いもので14年目に入ります。
そもそも、歯科医と医師の両方の良さを生かした診療を目指して、歯学部卒業後、医学部の大学院で外科学を本格的に学び口腔外科医となった私が、たどり着いたのが「森(=全身)を見みて木(=口腔)を見る。」「木(=口腔)を見てまた森(=全身)を見る。」そして「木(=口腔)を守って森(=全身)を守る。」という患者様の心を豊かにし、QOL(生活の質)の向上目指す口腔医の立場とそれを実践する診療科のイメージです。以来、年月をかけてこのイメージを具体的な形へと醸成してきました。
 やがて、コンセプトが明確になったところで「日本オーラルクリニック」の名称が脳裏に浮かび、商標登録できました。その後、口腔医のコンセプトを具現化するために、この栄の地に「日本オーラルクリニック」を開院いたしました。
従って、日本オーラルクリニックは "患者様の心を豊かにし、QOL(生活の質)の向上" を究極の使命にしています。患者様のQOL向上のため、日本オーラルクリニックが目指すのは、"スマイル・トータルデザイン"すなわち口腔領域のトータルソリューションのご提供です。口腔領域を全身の一単位と考え、また口腔領域が全身に及ぼす影響を知って、インプラント治療、口腔外科治療、審美歯科治療、口腔内科などを有機的に結合させ、より自然な状態で馴染むよう口腔機能をトータルに改善し、その後、口腔機能が体全体と美しいハーモニーを永く保ち続けるよう、日々技術革新を通じて安全性と予知性の向上を推し進めています。他院で断られた難症例の治療も多く手がけ、その結果として再び笑顔を取り戻した多くの患者様こそが、日本オーラルクリニックの誇るべき実績です。
 今後も、口腔治療を通じて患者様の全身的な健康をアシストして参りますので、よろしくお願い申し上げます。
2018.06.01
今日から6月、鬱陶しい梅雨の季節、そして、体調不良になる時期でもあります。勢い、健康に関心が集まりますね。
さて、来る6月4日~10日は「歯と口の健康週間」です。楽しく充実した生活を送るためにも歯とお口の健康に関する正しい知識を持つことは大変重要です。
お口の健康を脅かす二大疾患は虫歯と歯周病です。虫歯は、稲作が始まった縄文人や弥生人にもすでに見られます。これは木の実や米などに含まれる糖類が虫歯菌を増やしたと考えられます。明治になると砂糖が大衆化し虫歯が爆発的に増えました。以降虫歯で歯を失うことが多くなりました。しかし、最近は子供の虫歯が減っていますが、大人の虫歯が増えています。それは、治療済の歯に虫歯が再発してしまう「再発虫歯」や歯肉の下がったところに生じる「根元虫歯」です。
「再発虫歯」は、虫歯治療した詰め物、被せ物、部分入れ歯などと歯の隙間に汚れが溜まり虫歯が再発するものです。また、「根元虫歯」は加齢により歯肉が退縮して根面が露出することで、エナメル質の被覆がない柔らかいセメント質の薄い被覆のため容易に虫歯が進行してしまうからです。
また、加齢やのお薬を服用することで、唾液が出にくくなって自浄作用が低下し菌が繁殖しやすくなり虫歯や歯周病になりやすくなります。
予防として、虫歯も歯周病もデンタルバイオフィルムの感染症ですから、毎日のセルフケアでデンタルバイオフィルムをしっかり取り除くことが決め手ですが、定期的に歯科で磨き残した箇所や不具合を早期にチェックしてもらい、あなたに合ったブラッシング法の指導を受けていただくなどプロのケアが大変重要です。
最近、デンタルバイオフィルムが原因で成人病やがんに罹患しやすくなることが分かってきました。当院では、治療終了後も定期的に通院していただくことで、怖い全身疾患やがんから、皆様をお守りするシステムを構築しています。
2018.05.01
今日はメーデー、かつてヨーロッパでは五月祭として各地で行われ、労使双方が休戦し、共に祝ったことから、やがて現代の「メーデー」と変化し「労働者の日」となったようです。また、うるう年では、5月1日(今年は、5月2日です)は、夏も近づく『八十八夜』でもあります。これは雑節のひとつで、立春を起算日(第1日目)として88日目(立春の87日後の日)にあたります。
さて、今日は、われわれ医療人にとって、また、違った意味で特別な日でもあります。今年のNHKの大河ドラマ『西郷どん』の西郷は西南戦争で無くなります。実は約140年前の今日、佐野常民と大給恒が、この西南戦争負傷者の救護のために日本赤十字社の前身である博愛社(10年後に日本赤十字社に改名)を創設した日なのです。日本赤十字社はご存知のように病院や血液センター、献血ルームなどを運営しています。特に、血液事業では、日本で唯一、献血の受け付けや、献血を原料とする血液製剤を製造し、医療機関へ供給するという重要な役割をはたしています。手術中の異常出血よる致命的な事態に、この血液製剤がいかにたくさんの人命を救ってきたことでしょう。最後に赤十字奉仕団員の信条をご紹介しておきましょう。
• 全ての人々の幸せを願い、陰の力となって人々に奉仕する
• 常に工夫して、人々の為により良い奉仕が出来るよう努める
• 身近な奉仕を広げ、全ての人々と手をつないで、世界の平和に尽くす
                             以上
※5月の休診日のお知らせ。
5月は、暦どうりの土、日、祝祭日が休診日になります。宜しくお願い申し上げます。
2018.04.01
いきなり、春を通り越し初夏の陽気となり、満開の桜も散り急ぐ今日この頃。皆さんいかがお過ごしですか。
さて、いよいよ今日から、新年度が始まりましたね。当院では、今年度も患者様の歯の悩みの原因を根本から探り、的確な診断と万全の治療計画で患者様の病態に即したオンリーワンの治療を提供してまいります。また、従来より歯周病菌が全身に及ぼす影響について啓蒙活動を行ってきましたが、新たに「オーラルフレイル」の啓蒙についても積極的に活動し、人生100年の時代をお口の健康面でアシストして参ります。
2018.03.01
「新社会人応援キャンペーン」は後1か月で終了します。
4月の入社式まであと1か月余り。当院では、社会人になる前に親知らずを抜いておこうと智歯の抜歯予約が増えています。抜歯後1週間から10日程度で腫れはほとんどなくなり、目立ちにくくなりますので、お勧めは今月の中旬までです。まだの方、お早めに!!!
2018.02.01
新社会人応援キャンペーン開始しました。
今春、学校を巣立って4月より新社会人となる皆さん、準備は万全ですか。今までの学生時代と違い、仕事を通じて自ら成長し社会に貢献できる人材にならなくてはなりませんね。ここで、意外となおざりになりがちなのがお口の健康です。未治療な虫歯や親知らずを放置すると、今後、突然の歯痛や親知らずのトラブルが出現し、職場に迷惑をかけたり、仕事に大きな影響が出る場合があります。また、口臭があなたの印象にダメージを及ぼし深刻な問題にも発展しかねません。
当院では、新社会人応援キャンペーンとして、親知らずの抜歯や虫歯の治療は勿論、あなたのイメージアップに繋がる口臭予防やホワイトニングにも対応しております。この春休みが、ラストチャンスです。万全の準備で、新たな人生のスタートを切りましょう。
2018.01.01
明けましておめでとうございます。当院は、1月9日(火曜日)より通常の診療を致します。
さて、以前より当院では、メンテナンスを通じて「デンタルバイオフィルム」が全身に及ぼす悪影響について患者様に理解していただき、更なるお口健康ひいては全身の健康増進に努めてまいりました。
しかし、今や日本は世界一の超高齢者社会となり、今後口腔機能の衰えや萎え(=オーラルフレイル)が社会問題化することが考えられます。当院では、地域に先駆けて今までのメンテナンスに「オーラルフレイル」の考えを導入し、よりきめ細かく「お口の健康」をバックアップするシステムを構築し、皆様のご来院に備えています。
 どうぞ、今年も日本オーラルクリニックを宜しくお願い致します。
2017.12.01
《年末年始休暇のお知らせ》
とにかく雨の多かった本年も師走となり、残すところ1か月と押し詰まりました。
師走といえば、大掃除。皆さん、お口の大掃除はお済になりましたか?まだの方は、お早めにご来院下さい!!! 
そして、気分も新たに年越しをしたいものですね。
さて、今年も多くの皆様にご来院いただき有難うございました。来年も、元気な笑顔でお過ごしいただけるよう、スタッフ一同一生懸命お口の健康をアシストして参ります。
さて、当院は、平成28年12月29日~平成29年1月8日までお休みをいただきます。
なお、新年は、1月9日(火曜日)より通常通り診療をいたしますのでお間違いのないようお願い申し上げます。
インプラントオペ
インプラントオペ

当センターでは、日本顎顔面インプラント学会認定の研修施設として、無菌オペ室を完備し、ベテランスタッフとともに安全で予知性の高い手術を可能にしています。

動画へ
メディア情報

当センターがメディアに取り上げられた情報です。

メディア情報へ
感染対策(スタンダードプレコーション)

当センターは、開業時より受診されるすべての方々を感染症の有無により区別することなく、しかも安全に治療を受けて頂くために、標準感染対策=スタンダードプレコーションを実践しています。

感染対策(スタンダードプレコーション)へ

お問合わせ 相談は無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でご相談 月~金曜日 9:30~13:00 14:30~17:00 052-238-3377 メールでご相談 24時間受付・無料メール相談窓口 WEB相談はこちら 対面でご相談 お気軽にお立ち寄りください。アクセスマップはこちら