日本オーラルクリニックインプラントセンターのホームページにようこそ。日本オーラルクリニックインプラントセンターは"患者様の心を豊かにし、QOL(生活の質)の向上"を究極の使命にしています。そのため、当センターは、インプラント治療がお口の中で他の治療と主張しあわず自然な状態で馴染むよう口腔機能をトータルに改善し、その機能がカラダ全体と美しいハーモニーを長期に保ち続けるよう、常に技術革新を通じて安全性と予知性の向上に努めています。他院で断られた難症例も多く手がけ、その結果として、笑顔を再び取り戻された多くの患者様こそが、当センターの誇るべき実績です。

国際レベルの最先端インプラント治療を実践
顎顔面インプラント治療のエキスパート

川合道夫センター長 michio kawai 藤田保健衛生大学医学部客員教授
名古屋大学医学部付属病院を経て国家公務員共済組合連合会名城病院に口腔外科を開設、初代口腔外科部長。約14年間の在職の後、名古屋栄にてプライベートオフィス・日本オーラルクリニックを開院。
  • 5つの安心 feel good
  • 5つの安全 safety
  • 5つの他院との違い Difference

川合センター長は、名古屋大学医学部附属病院を経て国家公務員共済組合連合会名城病院の口腔外科開設に関わり、顎変形症の垂直骨切りやブローネマルクシステムインプラントを導入し、全身麻酔下での智歯の一括抜歯、ユニバーサルプレコーション、スタンダードプレコーションなどの感染症対策を講じた歯科治療体系を地域に先駆けて構築するなど、口腔キュア・ケアのエキスパートとして第一線で活躍しました。その後、完成度の高いコンパクトな開業歯科口腔外科のモデルクリニックとして七大都市の都心で初めて歯科CTスキャンを導入したプライベートオフィスとして日本オーラルクリニックを開院しました。旧来のI.I(イメージングインテンシファイアー)方式の歯科CTスキャンから、より鮮明でインプラントナビゲーションソフトが使用可能なFD(フラットパネル)方式の2台目となる次世代型歯科CTスキャンに更新。歯科CTスキャンの有効利用により、今までの歯科治療のパラダイムの大転換をライフワークの1つとして口腔領域の最先端治療を展開しています。

詳しくみる

日本オーラルクリニックインプラントセンターは、日本口腔外科学会認定専門医・指導医、日本顎顔面インプラント学会認定指導医である川合センター長が診察・治療するプレミアムインプラントクリニック 日本顎顔面インプラント学会認定研修施設

日本顎顔面インプラント学会は、氾濫する粗悪なインプラント治療を駆逐し、本来のエビデンスに基づいた正しいインプラント治療を追及し、敷衍し、インプラント優良医を育てることを目的に、主に口腔外科医が中心となって作られた学会です。学会認定の研修施設は、インプラント優良医を育て、それを学会が認定して専門医として輩出することを目的としています。したがって、指導医の技量、設備、治療システムが卓越していることや症例の多様性など多くの要件に対して厳しい診査を経なくてはなりません。日本オーラルクリニックは、大学病院も含めて全国で9番目の研修施設として認定されています。>>next

IMPLANT CENTER
セカンドオピニオン受付について
インプラント治療で心配事や不安などでセカンドオピニオンを希望される方を受け付けています。希望される方は、現在の主治医からの資料を含む情報提供書をお持ちください。これは、前医の治療を評価するものではなく、現時点での状態と症状改善のための治療法についてご相談させていただくものです。

IMPLANT CENTER
インプラントの再治療
経過不良のインプラントの除去並びにインプラントの再治療を行っています。インプラントの種類は問いません。
IMPLANT CENTER
インプラントメンテナンス
他院で、ノーベルバイオケア社製のインプラント治療を受けられた方で、ご都合により治療を受けられた医院でのメンテナンス治療が続けられない場合は、当センターのメンテナンスを受けていただくことができます。

IMPLANT CENTER only one quality

日本オーラルクリニックインプラントセンターは、その日のうちに噛める技術があります。その日のうちに仮歯が入ります。

即時負荷・抜歯即埋入インプラント

嘗てのインプラント治療の失敗を踏まえたブローネマルクシステムインプラントの治療では、待時法といって一定の期間噛ませないようにする免荷期間を数ヶ月~半年間設けています。しかし、このような状態を続けることは大変な苦痛を伴います。忙しいビジネスマンや遠方から治療を求めてみえる方は、十分な治療時間が割けず、時間的制約がインプラント治療を断念する主な理由となっていました。
そんな、患者様に朗報です。当インプラントセンターには、「その日のうちに仮歯が入り噛める。」技術があります。
即時負荷インプラントについての症例はこちら
抜歯即埋入インプラントについての症例はこちら

骨移植をしないで即時負荷(その日のうちに噛めるインプラント)が、実現します。

上下全ての歯を失ってしまった人のために。All-on-4~8 利用可能な骨を最大限に利用することで、骨移植をしないで即時負荷(その日のうちに噛めるインプラント)が、実現します。

利用可能な骨を最大限に利用することで、骨移植をしないで即時負荷(その日のうちに噛めるインプラント)が、実現します。当センターでは、本来、白人向けに開発された埋入フィックスチャー(人工歯根)4本のみの方法から、日本人の骨格と症例に合った確実な本数を算出しています。これも、当センターのイノベーションの一つです。 >>詳しくはこちら

IMPLANT CENTER only one quality
トップダウントリートメント 審美性・機能性・清掃性の改善を可能にするインプラント治療の究極的テクニック

当センターが地域に先駆けて行なっている治療法で、模型上で審美的、機能的で清掃性に最も適した理想的な最終補綴物の形態を患者様に示しながら決定すると、フィックスチャー(人工歯根)を埋入すべき位置が決まります。しかし、その位置に埋入可能な硬組織(顎の骨)や軟組織(歯肉)の量がない場合が多く、これらの組織の造成を行ないながら埋入するため高度な口腔外科テクニックが必要となります。

まずは希望の歯をシミュレーション コンピューターガイドシステムと連動 歯科CTを撮影後、コンピューターガイドシステムと連動させ、正確な治療計画を作ります。低侵襲で正確にインプラントを植え即日人工の歯を付けて帰宅することも可能に。断面図で唇側の骨が不足していることがよくわかる。 美しい歯並びと
強度を持った
噛み合わせの歯に

PremiumMedical Tourism ドクター監修の食事で治療中も安心 プレミアムメディカルツーリズム 名古屋東急ホテルと提携。県外や海外からのインプラント治療に最適!

当センターには、インプラント治療を受けながら、ホテルの食事を楽しんだり、観光が出来る人気のプランがあります。国の内外を問わず最先端インプラント治療を遍く提供いたします。 >>詳しくはこちら

WHAT'S NEW 新着情報
2016.08.01
暑中お見舞い申し上げます。
暑い日が続きますがいかがお過ごしですか?今は、立秋を前にした二十四節季の大暑で、土用でもありますね。ちなみに今年は7月30日が、土用の丑の日でした。皆さんは、暑気払いの鰻や餅は食べられましたか?
さて、学生さんにとっては、この時期、楽しい夏休みですね。ところで、就職を来春に控えた方で、虫歯やしっかり生えていない親知はありませんか?心配な方は、この休みを利用して歯科を受診し、治療を済ませておくと安心です。
入社早々、歯の痛みで急に会社を休んだり、口臭で回りの人に迷惑をかけるなどマナー違反に気を付けましょう。
なお、当院では8月10日(水曜日)から8月17日(水曜日)まで夏季休業をいたします。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。
また、暑さ厳しい折、ご自愛くださいますお祈り申し上げます。
2016.07.01
当院は、今日、7月1日で11周年を迎えます。梅雨の中休みとでもいうような晴天で、12年目に入る新たな門出を応援してくれているようです。この11年間、わたくしたちは、可及的に最も優れたゴールを目指して全力で治療にあたってきました。困難な治療も多くありましたが、患者様に治療内容を十分説明し同意していただきながら怯むことなく全力を尽くして取り組んできました。たとえ悲観的な治療結果でも、包み隠さずあるがまま正直に患者様に伝えて、ご理解をいただき、その改善に全力で取り組みました。この様に、治療において未熟さを感じる度に、次の治療に必ずその反省点を活かし成長の糧にしました。この間、何度も何度も患者様の感謝の笑顔に励まされ、心遣いに癒され、ここまでやってここまで来ることができました。この場をおかりしてお礼を申し上げます。
今後も、スタッフ一同気を引き締めてJ-オーラルらしい治療に邁進して参ります。どうぞ、よろしくお願い申し上げます!!!
なお、夏休み中に親知らずの抜歯を希望される方は、お早めにご予約を!!!
2016.06.01
6月に入って暑い日が続きますがお変わりありませんか?6月4日~10日は「歯と口の健康週間」です。楽しく充実した生活を送るためにも歯とお口の健康に関する正しい知識を持つことは大変重要です。
お口の健康を脅かす二大疾患は虫歯と歯周病です。虫歯は、稲作が始まった縄文人や弥生人にもすでに見られます。これは木の実や米などに含まれる糖類が虫歯菌を増やしたと考えられます。明治になると砂糖が大衆化し虫歯が爆発的に増えました。以降虫歯で歯を失うことが多くなりました。しかし、最近は子供の虫歯が減っていますが、大人の虫歯が増えています。それは、加齢により歯肉が退縮して根面が露出することでエナメル質の被覆がない歯根は柔らかいため容易に虫歯が進行してしまうからです。
また、この10年、歯周病が虫歯を逆転して歯を失う原因の1番になっておりますこれは、夜更かしや間食など生活習慣の乱れが原因の生活習慣病です。 予防として、虫歯も歯周病もデンタルバイオフィルムの感染症ですから、毎日のセルフケアでデンタルバイオフィルムをしっかり取り除くことが決め手ですが、定期的に歯科で磨き残した箇所や不具合を早期にチェックしてもらい、あなたに合ったブラッシング法の指導を受けていただくなどプロのケアが大変重要です。
最近、デンタルバイオフィルムが原因の成人病やがんに罹患しやすくなることが分かってきました。当院では、治療終了後も定期的に通院していただくことで、怖い全身疾患やがんから、皆様をお守りするキャンペーンを実施しています。
2016.05.01
今日はメーデーですね。かつてヨーロッパでは五月祭として夏の訪れを祝って各地で行われ、労使双方が休戦しともに祝ったことから、やがて現代の「メーデー」と変化し「労働者の日」が生まれたようです。
さて、今日は、われわれ医療人にとって違った意味で特別な日でもあります。実は約140年前の今日、佐野常民と大給恒が西南戦争負傷者の救護のために日本赤十字社の前身である博愛社(10年後に日本赤十字社に改名)を創設した日なんです。日本赤十字社はご存知のように病院や血液センター、献血ルームなどを運営しています。特に、血液事業では、日本で唯一、献血の受け付けや、献血を原料とする血液製剤を製造し、医療機関へ供給するという重要な役割をはたしていますよ。手術中の異常出血よる致命的な事態に、この血液製剤がいかにたくさんの人命を救ってきたことでしょう。最後に赤十字奉仕団員の信条をご紹介しておきましょう。
• 全ての人々の幸せを願い、陰の力となって人々に奉仕する
• 常に工夫して、人々の為により良い奉仕が出来るよう努める
• 身近な奉仕を広げ、全ての人々と手をつないで、世界の平和に尽くす

※5月の休診日のお知らせ。
5月6日(金曜日)は職員研修のため休診にさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。
2016.04.01
時を合わせるかの様に桜も満開となり、いよいよ本日から、新年度が始まりましたね。
当院では、今年度も患者様の歯の悩みの原因を根本から探り、的確な診断と万全の治療計画で患者様の病態に即したオンリーワンの治療を提供してまいります。
2016.03.01
新社会人応援キャンペーン実施中!!!
当院では、新社会人応援キャンペーンとして、親知らずの抜歯や虫歯の治療は勿論、あなたのイメージアップに繋がる口臭予防やホワイトニングをお勧めしております。この1か月が、ラストチャンスです。万全の準備で、新たな人生のスタートを切りましょう!!!
2016.02.01
恒例の『新社会人応援キャンペーン』を開始しました!!!
学校を巣立って、この4月より社会人1年生となる皆さん、準備は万全ですか。意外となおざりになりがちなのがお口の健康です。未治療な虫歯や親知らずを放置すると、今後、突然の歯痛や親知らずのトラブルが出現し、職場に迷惑をかけたり、仕事に大きな影響が出る場合があります。また、口臭があなたのフレッシュな印象にダメージを及ぼし、深刻な問題にも発展しかねません。 当院では、『新社会人応援キャンペーン』として、親知らずの抜歯や虫歯の治療は勿論、あなたのイメージアップに繋がる口臭予防やホワイトニングにも対応しております。この春休みが、ラストチャンスです。 万全の準備で、新たな人生のスタートを切りましょう!!!
2016.01.01
新年明けましておめでとうございます。
本年も包括的な観点による「治る」治療と治療を終了された方の「メンテナンス」を通じて患者様のお口の健康を末永くアシストして参ります。何卒宜しくお願い申し上げます。
なお、当院は1月8日より通常の診療を開始いたします。
2015.12.01
《年末年始休暇のお知らせ》
天候不順で雨の多かった本年も師走となり、残すところあと1か月と押し詰まりました。 お口の中の大掃除はお済になりましたか?まだの方は、お早めに!!!そして、気分も新たに年越しをしたいですね。
さて、今年も多くの皆様にご来院いただき、有難うございました。来年もよい年を迎えられ、元気な笑顔でお過ごしください。
さて、当院は、平成27年12月29日~平成28年1月7日までお休みをいただきます。 なお、新年は、1月8日(金曜日)より通常通り診療をいたしますのでお間違いのないようお願い申し上げます。
2015.11.01
先日、第60回日本口腔外科学会総会・学術大会が名古屋国際会議場で開催され、院長が出席しました。
 本学会は、戦後復興中の1956年に第一回目が、東京で開催されて以来、数えて60回になります。人でいえば「還暦」。「還暦」といえば、太陰暦で暦が一回りすることで「新たな出発」を意味します。
我々口腔外科医は先人の教えを学び新たに体験し知ったことを後進に伝えることを営々と繰り返し、今の近代的な口腔外科学へと進歩発展させて来ました。 今回の学会では、その原点に立ち戻って、社会に貢献、或いは還元するために「教えあい、学びあう」本来の学会のあるべき姿として『世代と知恵をつなぐ』というテーマで活発な学会発表が行われました。
すなわち、夢の部分である基礎研究の「最先端」と現実の臨床での「最前線」が織りなす実態の「光と影」を議論して参りました。 当院としまして、この学会で研修し学んだことを今後の治療に少しでも生かしていけたらと存じます。
2015.10.01
先日、スーパームーンのちょっとしたフィーバーがありました。これは、月が地球に最接近することで起きる現象で、通常よりも14%大きく30%明るいそうです。今回は仲秋の名月が前日で見ごたえありましたね。天体としての月は、「春の月」「梅雨の月」「夏の月」「冬の月」「寒月」など四季を通して見られます(これらはすべてそれぞれの季節の季語です)。が、「月」とのみ言えば秋の月を指します。夜空が澄みわたり、月がことさらに明るく美しく輝くからです。
ですから、今は秋の真最中!!!秋と言えばすぐに思い出される故事が「天高く馬肥ゆる秋」ですね。現在は、秋の好時節の意味ですが、昔の中国では、北方の騎馬民族の匈奴が収穫の秋になると大挙して略奪にやってきたので、前漢の趙充国はそれを見抜き、「馬が肥ゆる秋には必ず事変が起きる、今年もその季節がやってきた」と、警戒の言葉だったようです。
さてこの好時節、健康増進のチャンスでもあります。当院では、第一、第三水曜日の午前中、「お口の悩み解消セミナー」を開催しています。あなたの健康増進を少しでもアシストできれば幸甚です!!!
2015.09.01
今日から9月ですね。9月は夏から秋へ季節がうつろい始める月です。
秋分日を境に長かった昼が短くなり、「秋の夜長」とか「秋の日は釣瓶落とし」など言われ始めるように、夜がだんだん長くなっていきます。
しかし、暑さがしつこく残る時期でもあり、「残暑」という言葉がピッタリの時期です。そして、夏バテもこの季節です。いま、夏バテで体調を崩して見える方は、栄養価の高い食べ物をよく噛んで摂取し、十分に休養をお取りになることをお勧めいたします。
当院では、今、セミナールームにて良く噛めない、歯周病で歯が動揺する、口臭が気になる、インプラント治療の是非など「お口の悩み解決セミナー」を開催中です。お口の悩みでお困りの方、夏バテ解消にも効果ありです!!!是非ご参加下さい。
2015.08.01
梅雨明けし、青い空に入道雲。いよいよ真夏の到来です。今年は、平年並みに熱いようです。
さて、学生の皆さんは、2か月近い夏休みの最中と思います。皆さんは、いずれ社会人となり、自己実現と社会貢献に勤しむことになります。そのためには、体が資本!!!即ち健康が第一です。健康は、普段の努力で維持できる、いわば自分に対する最高のプレゼントです。ですから、日頃から健康管理を心掛けましょう。
若い人のお口の治療で、厄介なのは埋伏した親不知(智歯)の治療です。一般の歯医者さんでは、抜けない歯も多く、口腔外科を受診していただきます。放置すれば、歯列不正や智歯周囲炎、隣在歯の齲蝕、顎関節症、骨折などの原因となります。
ですから、骨が柔らかく回復力が高い若いうちになるべく抜歯しておくことをお勧めいたします。
当院では、毎週水曜日に親不知(智歯)抜歯外来を開設しております。将来に備えてこの休み中に親不知(智歯)抜歯を夏休みの計画の1つに加えられたらいかがでしょうか?
なお、今月の抜歯外来は、8月5日、26日の2日間のみです。また、当院では8月12日(水曜日)~8月19日(水曜日)まで夏季休暇をいただきます。よろしくお願いいたします。
皆さんも、熱中症や事故に注意されて楽しい夏休みをお過ごし下さい。
2015.07.29

25日(土曜日)、26日(日曜日)と2日間、院長が京都大学で行われた、第44回日本口腔外科学会の教育研修会に参加して来ました。 今回の研修テーマは、「口腔外科の周術期管理を考える」で、周術期管理とは手術前から手術後までの患者様の局所管理と全身管理を指します。 術前検査や評価、手術計画、術中術後の感染対策など、良好な手術結果を獲得するために大切な工程です。 特に、口腔外科の手術に限らず、他科の手術でもオーラルマネージメントの重要性が高まっていることが強調されていました。 これは、歯科の領域であり、歯科医の活躍が期待される分野でもあります。
さて、院長は日本口腔外科学会認定の専門医·指導医であるため5年に一度資格の更新が必要です。 資格の更新の最低条件は、この教育研修会と別にリフレッシュセミナ―参加が必修で、 それに加えて学会参加、学会発表、論文投稿など合わせて100単位の研修実績がないと更新できない歯科系では最も厳格な更新条件を課している権威ある資格です。
こうして、知識の更新が行われ、より良い診療の礎となるわけです。

会場 京都大学百年周年時計台記念館

インプラントオペ
インプラントオペ

当センターでは、日本顎顔面インプラント学会認定の研修施設として、無菌オペ室を完備し、ベテランスタッフとともに安全で予知性の高い手術を可能にしています。

動画へ
メディア情報

当センターがメディアに取り上げられた情報です。

メディア情報へ
感染対策(スタンダードプレコーション)

当センターは、開業時より受診されるすべての方々を感染症の有無により区別することなく、しかも安全に治療を受けて頂くために、標準感染対策=スタンダードプレコーションを実践しています。

感染対策(スタンダードプレコーション)へ

お問合わせ 相談は無料です。お気軽にご相談ください。

お電話でご相談 月~金曜日 9:30~13:00 14:30~17:00 052-238-3377 メールでご相談 24時間受付・無料メール相談窓口 WEB相談はこちら 対面でご相談 お気軽にお立ち寄りください。アクセスマップはこちら